高齢者を襲う高血圧

高血圧改善に効果のある断食の期間について

高血圧は、自覚症状がなく、悪化すると心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化など、命に関わりのある深刻な病気に発展する可能性の高い、大変危険な病気の1つなのです。この病気は、今や日本人の多くの人に発症しており、社会問題とまで言われています。
そこで、高血圧になる原因と、その対処法について説明していきます。
まず、その原因にはいくつかの要素が関連しています。その1つが、肥満です。肥満になると、酸素消費量の増加に伴い、血圧が上がるためです。また、ストレスも原因として挙げられます。仕事や人間関係、環境の変化などで引き起こされるストレスや過労、睡眠不足などは、血圧を上げる要因になります。その他、喫煙習慣や塩分の取りすぎも血圧が高くなる要因として挙げられます。これらのように、様々な要因が重なることで発症する高血圧の症状ですが、症状を放置しておくと、深刻な病気に発展する可能性がありますが、中でも、肥満傾向にある人にとって高血圧症は非常に危険な症状だと言えます。その理由とは、肥満の人に多く見られる糖尿病の影響です。糖尿病と高血圧の関係は深く、命に直結する問題に派生する可能性が高いと言われます。
以上のことから分かるように、なるべく早期に血圧を低下させるよう対処することが最も重要だと言えます。しかし、血圧を低下させるには、適度な運動や食事の改善、生活リズムなどに気を配る必要があり、長い時間を必要とする治療でもあります。このように、高血圧で悩む人に今注目されているのが、プチ断食です。何日も絶食する耐えがたい断食ではなく、1日の中で1食抜くという断食方法です。その期間は、3日から2週間くらいまでと、自分の体力と照らし合わせながら行うことが重要です。無理のない範囲の期間で、プチ断食を行うことで、体内がきれいに掃除され、血圧が下がるとされています。初めは短い期間で行い、無理のない範囲で試すことが大切です。