高齢者を襲う高血圧

高血圧には飲料そして第一選択薬が

高血圧というのは生活習慣によって発症するものだから、簡単に自分で管理ができるなど、思っている人もいるのですが、高血圧自体が全く症状がないものが多いのでなかなか気づかない時もあります。
高血圧はそのままにしておくと動脈硬化を起こして、そのうちに脳卒中や心臓病などを起こしてしまうのです。高血圧の恐ろしさはその合併症にあるのです。その問題は動脈硬化を起こすことになります。血管の弾力を失い、血管の内腔が狭くなっていくのです。高血圧をそのままにしておくと、流れる血液の圧力に耐えるために動脈の血管壁が厚くなってしまい、血液が流れるところの内腔がますます狭くなっていくのです。そして、血管が傷つくとコレステロールなどの脂質が溜まり、より内腔が狭くなって、血液の流れる抵抗が大きくなり、血圧は上がっていくのです。その悪循環のせいで、動脈硬化がより進んでしまうのです。そのようにならないためにも高血圧とわかった時からは生活習慣の見直しをして、普段飲む飲料も血圧を下げる効果がある飲料を飲むことがおすすめです。種類もいろいろありますので特保の飲料を生活の中に取り入れてみるのが良いです。もちろん、食事や運動不足にも気をつけてストレスの少ない生活をしていくことも大事なことです。それでも思うように血圧が下がらない時には、医師の診断を受けて第一選択薬を服用することになります。第一選択薬はその疾患、今は高血圧、に対して最初に投与すべきと言われている治療薬のことを言います。第一選択薬は副作用が少なくて、有効性がある程度高いとされる薬が選ばれています。医師の処方を受けてその第一選択薬を服用していくことが今後の生活を元気に続けていくのには大事なことです。